逆張りに失敗!スキー場は大混雑でした

今年から天皇誕生日がスキーシーズンになりました\(^o^)/

前々からの予定に従い、ハンターマウンテン塩原へスキーに行くことに。

雪が少ないと聞いてはいましたが、スキー場のある山へ登る道は例年通りの積雪。ニュースでは、雪不足が騒がれていましたが、ハンタマは大丈夫でした。

 

上り坂に差し掛かってから、すぐに後悔することに。スキー場までははるか遠い地点で、既に渋滞が。東京を朝の7時に出発、高速道路は特に渋滞もなかったのですが、スキー場の駐車場へは延々と車列。山の中の1本道では、逃げようもなく。2時間近くかけて入場したあと、やっと着替え。

入れたのは、少し離れた臨時駐車場だったので、さらにシャトルバスでスキー場へ。こんなにシンドイ移動は初めてだったので、謎のハイテンションでゲレンデに降り立ちました。

 

ゲレンデは、人、ひと、ヒト。写真を撮る気も起きないほどの大混雑。12:30の段階で多くの子供連れ(未就学児をモリモリ連れている人たちがたくさん)で、カオスにカオスが阿鼻叫喚です。

トイレも、レストランも大混雑ですが、なによりリフトの混み方が、バブル時代の苗場みたい!

結局、1日券を購入するも、2本滑走で終了。

ひたすら何かに並びながら、ゲレンデ隅のモスバーガーで着席したのは15時過ぎでした。

 

それにしても、異常なまでの混雑は予想以上でした。

後で調べたら、周囲の標高が高くないスキー場などは積雪が足りなくて、滑走不能なところも出ていたとのこと。

合わせて、コロナウィルスへの対応として、閉鎖空間よりはオープンエアな場所の方がマシだろうという判断も重なったのかも。行ってみて気づいたのは、ロビーもリフト待ちも、昼間の東京駅並みに混雑していました。

 

人生で最も混雑したスキー場を体験した後は、大江戸温泉物語へ。

ここでも、溢れんばかりの親子連れ客で、大江戸温泉グループの集客力に感心し、山奥で美味しい刺身を堪能しました。

バイキング形式での提供は好きです。好きなものを好きなように楽しめるので。

しょっぱなからケーキを頬張りつつ、『ごちそうって何だろう?』と哲学したり。

温泉も大渋滞だったのでのんびりはできませんでしたが、様々な組み合わせの団体さんたちの動きを観察出来て、これはこれで面白いスキー旅行となりました。

温泉街の積雪は確かに少なかったと思います。張り切って持って行った雪用の靴は使いませんでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください